製品紹介
SPM(粉末冶金)

S(Sung-il) P(Powder) M(Metallurgy)
ソンイルSPM(粉末冶金)は、金属粉末を金型(モールド)内で成形機によって
加圧 / 成形後、加熱(焼結)して機械的特性を付与する効率的な加工法です。

SPM製造工程

  1. 原材料
    (POWDER)

    製品に求められる機械的特性に応じて鉄系粉末、ステンレス鋼系粉末、Cu(銅、真鍮)系粉末等、原材料を選定します。

  2. 混合
    (MIXING)

    選定した原材料に機械的特性値を与えるため、一定割合の副材料を均一に混ぜ合せます。

  3. 成形
    (COMPACTING)

    混合した金属粉末を金型に入れ、一定の圧力で加圧して製品形状に成形します。

    1. 金型に原材料を充填
    2. 加圧
    3. 加圧完了
    4. 上パンチ上昇、定位置に
    5. 製品抽出
    6. 製品移動
  4. 焼結
    (SINTERING)

    成形完成品を融点以下の温度で加熱し、金属粒子の拡散及び結合によって機械的特性を持つ製品を製造します。

    1. ラインに製品を配置
    2. 融点以下の
      温度で加熱
    3. 焼結作業完了
  5. サイジング
    (SIZING)

    焼結製品を金型に入れて再度加圧し、寸法精度を高めます。

    1. 金型をセット
    2. 焼結品をセット
    3. 加圧
    4. 加圧完了
    5. 製品移動
  6. 後処理工程
    (POST PROCESSING)

    1. 加工
    2. 熱処理
      (浸炭熱処理/
      高周波熱処理/
      スチーム)
    3. バレル
    4. 研磨
    5. メッキ(黒染加工)、クロム(3価、6価)、ニッケル
    6. 含有
    7. その他
  7. 検査
    (INSPECTION)

    ユーザーの要望(材質、形状、寸法等)に適合する製品か否かを検品します。