製品紹介
SPM(粉末冶金)

S(Sung-il) P(Powder) M(Metallurgy)
ソンイルSPM(粉末冶金)は、金属粉末を金型(モールド)内で成形機によって
加圧 / 成形後、加熱(焼結)して機械的特性を付与する効率的な加工法です。

SPM特長

製造コスト削減

加工工程をミニマム化し、材料及び時間を節約します。

一般素材
粉末冶金素材

複雑な加工工程、長い加工時間、
加工による多量の材料ロス

加工工程単純化、加工時間短縮、
使用材料を最小化

完成品
気孔を利用した部品製造が可能

微細孔制御により、オイルレスベアリングやフィルター等の製造が可能です。

例 1 : 気孔を活用したフィルター
例 2 : オイルレスベアリング
機械的特性の向上

各種熱処理(浸炭、高周波、真空)により、強度や硬度、耐摩耗性の向上等が可能です。

材料選択肢の幅が広い

部品の特性に応じて合金製造が可能で、幅広い選択肢から材料をお選びいただけます。

品質の均一性

寸法精度が優れた部品生産が可能で、品質が均一です。

大量生産

大量生産に適しています。