製品紹介
SPM(粉末冶金)

S(Sung-il) P(Powder) M(Metallurgy)
ソンイルSPM(粉末冶金)は、金属粉末を金型(モールド)内で成形機によって
加圧 / 成形後、加熱(焼結)して機械的特性を付与する効率的な加工法です。

SPM活用例

ギア(Gear)
ギア(Gear)
素材 Fe合金粉末
質量 164 g
密度 7.0 g/㎤
用途 空調部品
百貨店等大型ビルの空調室ダクトダンパーに適用
ラック・ピニオンギア(Rack & Pinion Gear)
ラック・ピニオンギア(Rack & Pinion Gear)
素材 STS 304
質量 ラック : 47 g、ピニオン : 19 g
密度 6.8 g/㎤
用途 産業機器のシステム直線移動用部品
産業用部品(Industrial Part)Ⅰ
産業用部品(Industrial Part)Ⅰ
素材 Fe合金粉末
質量 4 g
密度 6.8 g/㎤
用途 電気電子用部品として加工工程なく厚さ1.1mmの製品を製作
産業用部品(Industrial Part)Ⅱ
産業用部品(Industrial Part)Ⅱ
素材 Fe合金粉末
質量 2.1 g
密度 6.8 g/㎤
用途 自動化設備機能部品の複雑な形状を加工なしで生産可能